子供の病気Q&A

ワクチン(予防接種)について

ワクチンはいつ・どのように開始すれば良いのでしょうか。皆さんが迷われると思います。
ワクチンには公費(無料)のワクチンと自費(有料)のワクチンがあります。
公費でできるワクチンは是非積極的に接種しておきましょう。自費ワクチンはできれば接種しておくほうが良いですが、迷ってしまう場合は相談してください。
スケジュールの立て方については、クリニックで相談していただくか、ご自身でお調べになる場合には「VPD」で検索していただきますと、詳しい情報を見ることができます。当院の「お役立ちリンク:KNOW-VPD」から検索できます。

乳幼児健診について

子どもはその月齢ごとに“自然にできるようになること(お座り、一人歩きなど)”が、およそ決まっています。乳幼児健診ではお子さんの発達が年齢相当かどうかを診ています。市販の育児書にいろいろなアドバイスが書かれていますが、子育ては正しいやり方が1つだけではありません。ほかのお子さんと比較したり、こうあるべき、ということに、あまりまどわされ過ぎずに育てましょう。

喘息

咳が長く続く、夜眠れない、ゼーゼー、ヒューヒューして呼吸が苦しいなどの症状は気管支喘息を持つお子さんに見られます。同じような症状を何度も繰り返す場合には気管支喘息が疑われます。発作を反復するお子さんは、ゼーゼーしないように予防の治療も考えていきます。ご家族とお子さんが受け入れやすい方法をご相談して治療します。

息を吸うときのヒューヒュー音

喘息発作では主に息を吐き出すときに(呼気に)ヒューヒューと音(喘鳴)がします。しかし喘息発作とは違い、主に息を吸うときに(吸気に)ヒューヒューと音がする病気があります。ウイルス性のクループや細菌性の急性喉頭蓋炎などです。子どもの急性喉頭蓋炎は、ほんの数時間程度で急激に悪化して呼吸が苦しくなることがあります。症状がどんどん悪化すると感じたら躊躇せずに早めに受診するようにしましょう。

耳と鼻とのど

“風邪”と診断を受けていても、途中から中耳炎や気管支炎が合併していることがあります。初期の風邪、初期の中耳炎には抗生剤を使わないで治すことを考えます。しかし症状が進行する場合は抗生剤治療を検討します。きちんと診察してみて、もし耳鼻咽喉科専門医にお任せしたほうが良い場合には耳鼻咽喉科専門医と協力しながら診療をして参ります。

高熱と不機嫌

細菌性髄膜炎に代表される重い病気は、高熱と不機嫌などの症状が見られます。髄膜炎はヒトの脳を包む髄膜に細菌が入り込むことが原因で発症します。一方で心配のない病気でも高熱が出ることがあります。発熱の原因が重い病気なのか?心配のない病気なのか迷うことがあります。診察で判断できない場合は、微量の血液をとって、体内の炎症反応を測定することがあります。
 
 腹痛
幼児期~学童期のお子さんがお腹を痛がるときには急性虫垂炎(盲腸)の可能性がないかどうか注意します。診察で右下腹部の痛みがあると典型的ですが、はっきりしないことがあります。もしも急性虫垂炎ならタイミングを逃さずに検査や、必要な場合は手術ができるように準備をしなければなりません。診察の上で、疑いがある場合には、必要な検査ができる医療機関にご紹介させていただきます。

ひどい下痢・嘔吐

下痢・嘔吐・発熱の原因の多くは感染性胃腸炎(ウイルス性胃腸炎)です。冬から春にかけて流行し、便が白っぽくなることで知られるのがロタウイルス胃腸炎です。ただしロタウイルスを殺せるお薬はなく、水分補給をしながら数日かけて治っていくのを待ちます。軽い脱水症状なら経口補水液がありますので試してみます。ひどい脱水症状なら点滴が必要です。集団の中で流行しやすいので、乳幼児期から保育園を考えているお子さんはロタワクチンで予防しておくと良いと思います。ロタワクチンはお口から飲むタイプです。生後6週~24週までの間に2回(4週間以上あけて)内服接種します。

便に血が混じる

お子さんの便に血が混じったとき、もしもお子さんが1歳前後の乳幼児なら腸重積を思い浮かべます。時間をおいてお腹を痛がる・火がついたように泣く、不機嫌、顔色が悪くなる、嘔吐などの症状も見られます。排便がない場合には浣腸で排便させて、便に血が混じっていないかどうかを調べます。早期診断ができれば入院して小児科で治療ができます。治療できない場合には外科手術になることがあります。腸重積以外にも便に血が混じる病気はありますが、いずれにしても便に血が混じるときは、十分に注意をするに越したことはありません。

落ち着きがない、マイペースな行動

お子さんが保育園や幼稚園、学校に入る年齢になると集団行動を求められるようになります。集団行動になじめないことで先生方から注意を受けることがあります。落ち着きがない、マイペースな行動が見られるお子さんの中には共通した行動上の特徴が見られ、診断がつくことがあります。診断によってはお薬で症状を改善することもできます。また診断することで、お子さんの認知的特徴を、周囲の大人(先生、保護者)が理解できると一層良いかもしれません。診断できるまでには少し時間が必要です。